かるかん堂中村家

日々のこと(ブログ)

柴木蓮(しもくれん)、花梨(かりん)、蒲染(がまずみ)

4月に入り、桜の花も満開の季節となりました。

山へ行くと、たくさんの花や緑に癒されます。

その様な中、今回は「柴木蓮」「花梨」「蒲染」を

紹介します。

柴木蓮(しもくれん)

木蓮は、この様に紫色の花をつけるところから「柴木蓮」

とも呼ばれます。また白い花の「白木蓮」も有りますが、

こちらは樹高も高く花も大きいのが特徴です。

花梨(かりん)

バラ科の落葉高木で、果実としてのカリンの方が

知られてます。花梨もこの時期の花で、白やピンクの

花を咲かせ、とても可愛いらしい花です。

蒲染(がまずみ)

山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木で、

この時期に山へ行くと見られます。秋には赤い実をつけ、

そのままでも食べられますが、果実酒や着色料としても

使われます。